シミだと思っていたらADM(後天性真皮メラノサイトーシス)だった。治療ブログ~番外編:ADMとは?~

JUJULOGをご覧いただきありがとうございます。

今更ですがこの記事では、番外編としてADM(後天性真皮メラノサイトーシス)とはどのようなものなのか?を説明していこうと思います。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)とは?


ADMはAcquired Dermal Melanocytosisの略で、表皮の中にメラニンが溜まるシミに対し、ADMはより深い真皮の中にメラニンが溜まることから、アザの一種とされています。

頬上部に左右対称に出現することが多く、肝斑やそばかすと間違えられるケースもあるようです。

またそれらと混在してしまうこともあります。

原因

ADMの原因は、はっきりわかっていません。

仮説では、遺伝やホルモンバランスの乱れ、紫外線や摩擦などの刺激で真皮層にメラニンが沈着し、ADMを発症するといわれています。

特徴

ADMは一般的なシミと、『出現年齢』『色』『形』の点で違いがあります。

出現年齢

そばかすは幼少期、シミは20代後半から30代にかけて多く出現しますが、ADMは20代前後から出現することが多いです。

シミやそばかす、肝斑は明るい茶色に見えることが多いのですが、ADMはグレーや青みがかった色をしているのが特徴です。

ファンデーションなどで隠そうとすると、かえって目立ってしまいます。

シミそばかす肝斑と同様に、ADMも顔の両側にできることが多いです。

また、額の外側、小鼻の付近に出現するケースもあります。

治療方法

ADMの主な治療方法は、Qスイッチ・ルビーレーザー、Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー、Qスイッチ・ヤグレーザー、ピコレーザーがあります。

これらの治療法は、一度治療しただけで完全にADMが消えるというものではありません。
レーザーの種類や個人差もありますが、1回~3回、2回~5回、多い人で10回治療が必要になるか場合もあります。

また、病院によって扱っているレーザーが異なっていたり、保険が適用になる・ならないも病院によって違いがあります。

メリット・デメリットもそれぞれあるので、ご自身に合った治療法や病院を選ぶことが大切です。

ADMは確実に消える?

ADMの治療では、治療後に色素沈着が起こり、治療前よりあざが濃くなってしまうことがあるので、『本当に消えるのだろうか?』と心配になることもあると思いますが、適切な治療を受ければ、最終的には色素沈着もなくなりあざもきれいになります。

さいごに

20代前後でできたシミはADMの可能性が高いので、気になったらまずは病院やクリニックを受診してください。

治療に時間はかかってしまいますが、きれいに消えることを信じて、根気強く治療しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です